p_家入一真
Liverty 代表
家入一真

昭和53年、福岡間に生まれる。起業家で、ライバルは親鸞。解放集団Liverty代表|駆け込みシェアハウスLiver邸、解放学校、解放食堂|ペパボ、ブクログ、CAMPFIRE、studygift、BASE、partycompany、オンザコーナーなどを創業、上場させる。著書に「お金が教えてくれること」「もっと自由に働きたい」などが挙げられる。

逃げてもいい

若い人たちによく相談をされますが、その中でも特に多いのが起業についての相談です。例えば、起業したいけどそれには大きなリスクが伴いますよね、とか。僕にとってのリスクって、究極に言えば「死」なんです。起業して、もし失敗したとしても死ぬことはありませんからね。筋が悪いところからお金を借りてしまったらどうなるかわからないですけど、銀行なら「月に1万円ずつしか返せません」って宣言したらそれ以上どうしようもありませんからね。覚悟を決めてって言葉、よく聞きますよね。例えば、音楽の道に進むか、それともサラリーマンになるかとか。それって、別にどちらかを選ばなければいけないなんて決まりはありませんから、どちらもとったらいいと思うんですよね。皆、もっと欲張りになったらいいと思う。人は分けるのが好きです。ゼロかイチか。仕事ならオンかオフか。両方一緒に考えればいいと思いますし、すぐに分けようとするのは思考の放棄と捉えられます。実際、世の中はもっと細かいグラデーションで形成されているのだから、ゼロとイチの間の一番気持ち良い部分を取るべきです。

 

家入一真サブ

自分はこんな存在じゃない

これは北野たけしさんが言っていたんですが、彼は映画監督や芸術家の側面とお笑い芸人という側面を持っていますよね。それを振り子に喩えます。つまり、おもいっきりバカなことができるから、その分おもいっきり良い映画が撮れる。我々から見ると、その振り子の両軸に魅力を感じるということです。どれか一つだけではないんです。

中学、高校は不登校だった僕がpaperboy&co.(ペパボ)を創業した理由は、普通に働くことができなかったということです。それでも家族を生活させないといけません。当時、ホームページを作成して自分の作品を載せていたら思わぬ反響があり、「学生でも使えるようなもっと安いサーバーがあれば良いのに」と考えたのが「ロリポップ」というサービスです。これが成功し、ペパボはあっという間に上場企業になりました。適材適所が大事だと思うんですけど、僕は自分がしていた業務をどんどん人に任せるようになり、そうしているうちに会社で笑ってるおじさんみたいな位置付けの存在になっていたんです。事業は成功しているのに、違和感ばかり募るんですよ。自分は本当はこんな存在じゃないのに、ていう感じ。それでも社長なので、株主総会とかで僕が前で話すと株価が下がるんです。周囲の人たちからは、「上場会社の社長をもうしばらく楽しめばいいのに」など言われましたが、退任を決断しました。会社は法人と言いますが、そこには人格があります。自分が目指したい方向と法人が目指す方向が違うと、いつか分離してしまいます。自分の思いを殺して成長させる道を選ぶこともできたかもしれませんが、会社にも成長してもらいたかったし、僕自身も他にやりたいことがあったから、そこは覚悟って感じではないですね。

僕は今までずっと逃げて生きてきました。本にも、逃げろって書きます。よく「辛いことから逃げるな」って言葉が使われますけど、逃げてもいいんです。別の角度から見れば、逃げる=前に進んでるわけですから、周りに迷惑をかけてしまったとしても逃げた先で自分の居場所を作ればいいと思います。

Livertyという会社は、僕にとってのそういう場所です。ひきこもっていた昔の自分が「あったらいいのに」と考えた場所。ダメな人間たちが集う場所。ダメな人間って断言しちゃいましたけど、人はまず自分をダメな人間って認めてあげるところから始めるべきです。ハゲている人が自分の髪がないことをネタにしたら誰も適いません。企業家なんて別にえらいものではありません。僕なんてExcelもwordも使えないし。でも、皆集まれば誰かが力を貸してくれるんですよ。「俺がこれやるわ」って。

家入一真サブ2死ぬまで何かやる

夢は何ですか?って聞かれることがあるけど、特に夢はありません。いつも、目の前にある楽しそうなことをやってきたからです。夢を持たなきゃっていうのがおかしいと思うんです。夢があるのは勿論いいことだけど、無理に夢を持とうとしてそれにどっぷりハマっちゃう人っていますよね。夢が無いなら無いなりに、自分の近くにいる人をどうしたら幸せにできるのかを考えればいいんですよ。

ペパボをやっている時に感じていた違和感の正体。僕はもともと、気ままに絵を描いたり駅前でオカリナを吹いてお金を稼ぐのが合っているタイプの人間なんですよ。ペパボが上場した時、よくインタビューで「成功しましたね」なんて言われましたけど、その言葉にも違和感しかありませんでした。僕はずっと逃げながら生きてきたんです。自分が嫌だと思うことはやりたくないし、できないんです。

死ぬまでずっと、何かしらやっていると思います。悠々自適な生活なんかじゃなく、病気のように刺激を求め続けているでしょう。最近は、若い人を応援したいっていう気持ちも現れてきたので、そのための場もたくさん作りたいと考えています。