p_小椋久美子
元バドミントン選手
小椋久美子

大阪の四天王寺高校卒業後、三洋電機に入社する。潮田玲子と女子ダブルスペアを組み、「オグシオ」の愛称で親しまれる。全日本総合選手権5連覇、北京オリンピック5位入賞などの結果を残す。平成22年、三洋電機を退社し、現役引退。引退後は、バドミントンの普及だけでなく、スポーツ全般を通して喜びや楽しさを感じてもらえるような活動に尽力する。

小椋久美子メイン

幼い頃から、体を動かすのが大好きな活発な子供でした。小学生の時は、文集の将来の夢の欄に「オリンピックに出る」と書いてました。それと、幼稚園の先生になりたいとも思っていました。小学校6年生の時の全国大会準々決勝が、潮田玲子選手との出会いでした。今でも、その時の衝撃ははっきりと覚えています。高校生になってからの選手育成合宿で、潮田選手とペアを組む機会が訪れました。それから社会人になり、オリンピックで活躍する先輩方の姿を見て、「これからの4年間は死ぬ気で努力しよう」と二人で誓いました。

人間は決して一人で何でもできるわけではない

特別枠で国際大会に出場していましたが、なかなか実力が伴わない日々が続きました。そんな中、私の中で気持ちが大きく変化する出来事がありました。2004年全日本社会人大会で、初の優勝を成し遂げたことです。この出来事がきっかけで、国際大会にも自信を持って出場できるようになりました。 引退後は、講習会を開いて子どもたちを育成する取り組みを始めました。幼稚園の先生に憧れるぐらい昔から子どもが好きだったので、念願叶ったと言っていいと思います。大きな何かを達成するよりも、一つひとつに心を込めて行っていこうと思っています。人間は一人で何でもできるものではなく、誰でも必ず周りの人に支えられて生きていることに気づいてもらいたいです。また、人を裏切らずに自分のやりたい事を貫く人になってください。

小椋久美子サブ