p_高島宗一郎
福岡市長
高島宗一郎

元アナウンサー。平成22年に、史上最年少で福岡市長に就任する。平成20年には史上最多の票を獲得して再選し、現在2期目を迎えている。同年、世界1優れた市長を選ぶ「World Mayor 2014」にノミネートされる。スタートアップ都市推進協議会会長,平成32年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問、クールジャパン官民連携プラットフォーム アドバイザリーボードなどを務める。

なぜ今の仕事に?

祖父が大分県の市長をしていたこともあり、子供の時から政治の世界が身近にありました。高校生の時から中東・パレスチナ問題に興味を持ち、大学時代は実際に中東を訪ねました。そこで、パレスチナ自治区に住みながらも「国家」を持つことができない人々と交流することができました。この交流を通して、日常生活の中で自分が気づかないうちに「国家」に守られていることや日本の環境に対するありがたみを痛感しました。その時、自分が生まれ育った日本はもっと誇るべきものだと感じ、政治家を目指す決断をしました。
大学卒業後すぐに政治家を目指したわけではありません。まずは自ら現場を取材したいと考え、アナウンサーになることを選択しました。これは、政治家になった際のことを考えて少しでも知名度を獲得するためにした選択でもあります。
アナウンサーをしながら大学院で政治学を勉強していたある時、自民党市議団から出馬要請を受けました。「時が来た」と、自分の運命を確信した瞬間でもありました。そして、福岡市長選挙へ出馬することを決めました。

仕事への想い

一言に政治家といっても、その中には国会議員、地方議員、自治体の首長などがあり、仕事内容は全然違ってきます。
その中でも政令指定都市の市長は、最も達成感があるように感じています。
自分が持つ権限や予算の中で、新しい施策やまちづくりをダイナミックで素早く企画することができるからです。
私自身、福岡市を、日本を良くしていきたいという一心で仕事をしています。多少のリスクがあっても、常に新しい発想とやり方を生み出し、実績を残すために日々努力しています。
現代、日本全体が変化の時代に差し掛かっていると言えます。新しい政策を進めていき、福岡市を日本の、そして地方の希望となれる都市にしていきたいと考えています。

今後の目標

福岡市長の立場からすれば、これから人口が減少すると言われている日本には、若者が夢を見ることができる社会を作る必要があります。
その中で、県と同じぐらいの権限を持っており、国家戦略特区に与えられた特権も持っている福岡市が貢献できることは大きいと考えています。
どんなものに関しても、「新しいもの」を開拓することに対する挑戦や規制緩和を進めていくつもりです。そして次に来る新しい時代の原点が福岡市であればいいなと思っています。
そして、「地方もこんなにエネルギッシュでいられるんだぞ」ということを全国に発信し、日本全体を元気にしていきたいです。
個人的には、「こんな仕事がしたい。こんな人になりたい」というような私一人の希望ではなく、自分が何をすべきなのかをしっかりと考えた上でその任務を遂行し、誇り高い日本を今より少しでも前に進めたいです。そして、その後は次の世代に託そうと思います。

若者へのメッセージ

成功の反対は?と聞くと、失敗と答える人が多いのではないでしょうか。私はそうは思いません。失敗の反対は、何も挑戦しないことだと考えています。
私と同世代の方、もしくはそれより下の世代の方は、日本がすでに成長を遂げてから社会に出たことになります。過去にはバブルの崩壊や就職氷河期などの苦労を経験し、これから先には人口の減少や少子高齢化などが予想されています。後にも先にもしんどいことばかりですよね。
しかし、その状況を嘆いているだけでは何も変わりません。これから先も同じように苦労ばかり経験するような時代を生きる事態を避けるためには、時代や社会や人のせいにばかりしていてはいけません。自分が生きる時代は、自分で切り開いていく覚悟が必要です。
時代が進むと、今までは当たり前だった社会の概念や商品、サービスなどが合わなくなる時が必ず来ます。
若い皆さんには是非、新しい成長分野にどんどん挑戦して欲しいと思っています。そして、人口減少が予想される日本の中だけを見るのではなく、海外の情勢などにも目を向けて興味を持ってもらえることを期待しています。
私も、これから先もずっと新しい価値の創造のために挑戦し続けていきます。私の姿を見て行動を起こしてくれる人が増えるように、「追いたい」と思ってもらえるような背中を見せていけるように頑張ります。