p_藤原和博
教育改革実践家
藤原和博

東京大学の経済学部を卒業する。卒業後はリクルートに入社し、東京営業統括部長や新規事業担当部長などを経験。平成5年からヨーロッパに駐在し、平成8年には同社のフェローを任される。平成15年4月から杉並区立和田中学校の校長に就任。都内では義務教育初の民間人校長である。キャリア教育の本質を問う[よのなか]科が『ベネッセ賞』を、地域活性の新しい手段として「和田中地域本部」が『博報賞』、給食や農業体験を核とした和田中の「食育」と「読書活動」が『文部科学大臣賞』をダブル受賞し一挙に四冠を手に入れる。「私立を超えた公立校」を目標に掲げ、「45分週32コマ授業」を実践する。「地域本部」という保護者と地域ボランティアによる学校支援組織を学内に立ち上げ、英検協会と提携した「英語アドベンチャーコース」や進学塾と連携した夜間塾「夜スペ」が話題となっている。

なぜ今の仕事に?

日本の教育を、もっと革新的で開かれたものにしたいと考えたからです。37歳のとき、ロンドンとパリで生活をするうちに真の成熟社会とは何であるのかを考えました。考えた結果、「介護」「住宅」「教育」の三要素を変えないと成熟社会に近づくことはできないと気づきました。その三要素の中でも自分が力添えできる分野は「教育」だと思い、校長就任の決意を固めました。自分自身で様々な改革を実践し、「校長自身が変わると学校全体も変わるのか」ということをきっかけに、教育改革実践家としての活動を進めています。

仕事への想い

重要としているのは、「閉ざされたものを開く」ということです。そうすることにより、正解主義の教育ではなく、周りと違うことも認可されて様々なチャレンジが許される教育になればいいなと考えています。

そう思うようになったきっかけ

和田中学では校長室をオープンにしており、そこにコンピュータを分解できるようなセットを設置していました。それを見たある新入生が、自動車を分解してみたいと申し出てきました。もちろん断るつもりで、「じゃあその企画書書いて持ってきて」とだけ伝えました。するとなんと、その翌日には本当に書いて持ってきたんです。その学生はその後東工大に進みました。ロボットのエンジニアを目指すものだと思っていましたが、今はアニメ映画監督になるために勉強しています。この一人の学生との出来事が、「閉ざされたものを開く」重要さを知ることができたきっかけの一つです。

今後の目標

技術がないまま抱き続ける夢は、ただの妄想に過ぎません。技術を蓄えていくことで、逆に夢の方が声をかけてくるようになります。戦略性と遊びが含まれていることは、積極的に形にしていこうと思っています。実は、母方の家系が狩野家という画家の家系なんです。ですから、自分の中に狩野家15代目という意識も少なからず存在しています。75歳ぐらいから絵を始めて、「絵師」として人生を終えるのもかっこいいですよね。