p_Daichi
ビートボクサー
Daichi

福岡スクールオブミュージックのキーボード科を卒業後、ワタナベエンターテインメントに所属する。平成24年、アポロシアター年間3位を果たす。現在はテレビやライブで活動する以外にも、YouTubeではチャンネル登録社数が90万人を突破。動画の製作依頼なども多数寄せられている。

なぜ今の仕事に?

幼い時から音楽が大好きでした。仕事は、自分の得意分野を活かせることがしたいと考えていました。趣味で始めたヒートボックスでしたが、高校時代にハモネプに出演して注目されたこと、YouTubeでに上げた動画を全世界の人が見てくれたことで、「自分がやっていくべきことはこれなんだ」という確信が得られました。それから音楽業界や芸能事務所に興味を抱き、ワタナベエンターテインメントに所属を決めました。ワタナベエンターテインメントを選んだのは、ビートボックスを始めるきっかけを作ってくれたアカペラグループRAG FAIRが所属していたからです。

仕事への想い

自分にしか作れないものを作って、それを世間で求められているものへ繋げるようにしています。今まで誰も作れなかったものを完成させるのはとてもすごいことだと思いますが、それが誰にも必要とされないものだったらただの自己満足になってしまいます。だから新しい音の研究や技術ももちろんしますが、それを世間が求めているレベルまで磨き上げることにもっとも重点を置いています。遠く離れた国で生活する人や、何十年何百年も先の人たちに届けることも素敵だと思いますが、まずは目の前で僕を必要としてくれている人に応えられるものを作りたいんです。目の前にいる人のために全力で取り組むことで、それが世界を巡り、多少形は変わりながらも未来に生きる人たちにまで影響するのではないでしょうか。

そう思うようになったきっかけ

ビートボックスがとても専門的な職業だからこそ、この考えにたどり着くのはとても自然なことでした。よく知られたものではないから新しいアイデアが生まれやすく、よく知られたものではないからその価値が理解されづらいです。奥は深いのに、その奥深さを理解できるのが専門家だけだなんてもったいないと思っていました。そんなある日、東京ディズニーシーに行ってタートルトークというアトラクションに行ったんです。それは、亀のクラッシュが映像に映し出されて会話が出来るという、小さな子供から大人までみんなが楽しめるものです。しかし、会話はとても自然なのに亀の身振りや表情、口の動きが言葉としっかり合っていたり、ゲストがどんな言葉を投げても会話を面白くする技術など、専門的なテクニックで溢れていました。このアトラクションがきっかけで、ビートボックスという専門技術を使ってたくさんの人が楽しんでくれるようなものを僕も作っていきたいと考えるようになりました。

今後の目標

「アーティスト」「ビートボクサー」などの肩書きは気にせず、自分にしか作れないもの、世間に求められているもの、今の時代で必要とされているものを考え、生み出していきたいです。インターネットが普及したことで、世の中の仕事や人の生活は劇的な変化を遂げています。既に存在する職業の中にすっぽりと収まるのではなく、職業の壁を越てみたりだとか、別の職業と融合してみたりするのも一つの仕事のあり方でと持っています。そして、最終的な目標は時代の流れを作り出せるものを自分が生み出すことです。それが音楽の新しいジャンルなのか、それともその売り方なのか、全く別のものなのかはまだ分かりません。だから、その目標を達成するためにも様々なものを作り、壊し、合わせて、実験を繰り返しながらも誰かの役に立てるように生き方をしていきたいです。