s_創健スタジオ
代表
髙橋宏尚

中京大学情報科学部認知科学科卒業。新卒でIT系企業に入社、母の病気をきっかけに一年で退社。退社後、すぐに森ノ宮医療学園専門学校柔道整復学科アドバンスコースへ入学。在学中アルバイト先である加圧トレーニングスタジオZONEにて約2年間修行。また、2011年、加圧トレーニングインストラクター取得。専門学校卒業し、2012年、柔道整復師取得。その後、専門学校在学中に富士登山で出会ったある方の影響を受け、福岡県久留米市にある整骨院やエステを経営する会社へと就職。整骨院勤務を経て、2013年社内にて「加圧トレーニングスタジオONE」を設立。そこで様々な知識を習得する。加圧スペシャルインストラクター、KAATSU CYCLE インストラクター、肥満予防健康管理士、肥満予防健康協会認定講師、全日本足病師協会認定足病師、JOPHダイエットアドバイザー、JAMアンチエイジングアドバイザー、PHIピラティスインストラクター、JCCAベーシックインストラクターなど。2016年、独立。現在は、「創健スタジオSASUKE」代表兼トレーナーとして病気やケガ等の予防やセルフメンテナンスによる健康づくりを様々な観点からアプローチし、活躍中。「血流」「姿勢」「呼吸」「栄養」の4つの健康の柱を整える「予防医学健康法SASUKE」を中心として、さらなる研鑽を積み重ね中。

なぜ今の仕事に?

自分自身が幼少時から身体が弱く、とにかく健康でありたい、心も身体も強くなりたいと願い生きてきました!ケガもたくさんして数え切れないほどの痛みや苦しみを経験してきました。その中で、それを解決してくれるスーパーヒーローがいてくれたらなぁといつも望んでいました!しかし、そんな僕にとってのスーパーヒーローは現れませんでした。「よし!誰もいないのなら自分がスーパーヒーローになればいい」
そんな思いで自分自身のため、家族のため、友人のためにせめて自分が関わる人には健康になって元気で日々を過ごして欲しいと強く願い今の自分が存在しています!小さい頃から身体は弱くても身体を動かすことは好きでした。 テニスを始め、水泳や書道などいつも外で遊ぶことが好きでした。小学校は硬式テニス、中学校は陸上部(長距離)、高校は硬式テニス、大学ではアルティメット(フリスビー)など様々なスポーツを経験しました。実際は、一流のアスリートには及ばず、怪我の方が多かったので「一流の怪我人」だったかもしれません笑 その時、自分自身が苦しんだ経験があったからこそ、治療家やトレーナーの道を志したきっかけとなっています。また、学生の時に祖父や父を病気で早くに亡くし、大切な人を失ってから改めていかに健康である事が重要なのかを感じました。 医療や健康について日々進化し、更新されていく中で、なぜこうも健康になる人が増えないのか疑問が消えませんでした。「一体正しい情報はどこで手に入るんだろう?」様々な健康法や研究が解明されているのに関わらず、病気や不健康で悩む人が減らないのは何故なのか?これらを踏まえて、改めて「真の健康」について考えるようになりました

仕事への想い

当たり前のことを当たり前にすること。感謝の気持ちを忘れず、接すること。僕が普段、お客様や患者様にトレーニングや治療などアドバイスをしていることは、何も特別なことをしているわけではありません。相手の悩みや身体の訴える声をできるだけ聞いて、身体の仕組みに寄り添って、その声から読み取れる「〜してほしいこと」をお手伝いしているだけです。その中で大事なことは「相手の立場になって、悩みや問題を聞くこと」いろんな知識がついてくると、「話を聞かなくてもわかるから、何も話さなくても良い」と一言も話さないうちに、一方的に治療やアドバイスを受け終わってしまうことがあります。もちろんプロなので、わかるのは当然ですが、相手からすると「もっと聞いてほしい!」「とにかく話をさせて!」という方がほとんどです。僕が大事にしているのは、カッコイイ治療でもなく、世界一すごいトレーニング法を提供することでもなく、「相手の話をまずは聞くこと」を大切にしています。そこから、話を聞くことで、心のケアや具体的な問題解決方法へとつながります。また、そもそも僕のところに来ていただいた方には「相談していただいて、ありがとう」「お越しいただいて、ありがとう」から始まります。感謝とは相手のためだけではなく、自分にためにも感謝なんです。実は、最大の治療は自分への感謝から始まると僕は思っています。当たり前に生きていることは、当たり前ではなく、奇跡の連続です。身体の中ではすごいことが起こっています。「ありがとう」を自分の身体に伝えること、これが健康づくりの始まりです。

若者へのメッセージ

人生は一度きり、だからこそ自分で選んだことを後悔せず、自信をもって生きましょうどの選択肢もあなたにとって正解なんですよ!あとで、ああすれば良かったと思うかもしれないけど、それも考え方次第です。そのとき選んだことがあるから現在があるので、やってみないと何事もどうなるかわかりません。なんか、人生をゲームのドラクエで言うと、見えないマップを手探りで、あそこかな?こっちかな?ってあちこち探す感じです。でも、どう進んでも良いんです!全部正解!最終的には全体像が分かってしまうけど、最初からわかっていると、ハプニングも無いし、楽しめないはず。生きていくと冒険をしているみたいに、途中で経験を積むし、仲間に出会えるし、応援してくれる人も出てきます。もちろんレベルアップもします。急に上がる人もいれな、コツコツ上がる人もいる、でも自分のペースで良いんです。敵も出てくるし、めっちゃウザいし、でも救ってくれる人が現れたりと、その全てが素晴らしい経験です。周りにどう思われようが、自分は自分、他人は他人です。自分らしく生き抜くことを、恥ずかしがらず、自信を持ちましょう。そして、絶対に1人ではなくて、人と人とのご縁がつながっていきます。僕は人にカッコイイことは言えないですが、好きなことを好きなだけやり通しています。大学に行って、一年で就職した会社を辞め、専門学校に行き、資格を山ほどとって、お金だけで言うと1000万円以上使っています。親にだいぶお金を出してもらいました。未だに出世払いと言って、全然返しきれて無いです。でも、それも全て自分への投資です。もちろん応援してもらえる人がいるからこそできますが。車や家やモノは、価値が年々下がることもあるけど、自分への勉強の投資は価値が下がりません。むしろ上がります。バカがつくほど、健康になりたいと思って、いろんな本を読んだり、セミナーに参加したり、資格を取ったり、無駄にお金をかけてるんじゃ無いかとよく感じることもあります。それも自己投資なので後悔もしないし、むしろ自分を褒めます。その結果、自己投資をして1人でも喜んでくれる人がいるなら、僕はそれで良いと思います!たった1人でも、僕のことを必要としてくれている人がいるなら、僕の存在価値はあります。だからたった1人のためでも僕は頑張れる。世界中にたった1人しか応援してくれる人がいなくても、1人いることが大事。それが親だったり、大事な家族だったり、友達だったり、お客様だったりしても、誰であろうと1人のためにでも一生懸命やり続けましょう!「人生は他人から創られるものではなく、自分で創るもの」実は、健康づくりも同じです。「健康は他人から創られるものではなく、自分で創るもの」