s_ANGELO
代表
大川護郎

株式会社ANGELO 代表

中学卒業後、読売新聞販売店入社。19歳で所長に。不動産オーナーとして平成15年に第1棟を取得。オーナーとして取得を続けながら、平成26年新聞販売店として独立。大阪、堺で4店舗展開。平成30年で4084室、駐車場1987区画所有。(姫路市の賃貸世帯数の約1%に相当)現在不動産オーナー向けセミナーで啓蒙活動を積極的に展開中。

なぜ今の仕事に?

前職の新聞販売店で19歳から3年連続賞を受賞し、普及率約4割まで伸ばした時にやり切ったと思いました。ただ新聞の販売方法が、「おまけをつけるので取ってください」が多くなったこともあり、新聞の価値がお客様が読み物としてどの新聞がいいかではないと感じて先が見えなくなりました。そんな時、日本全国1億2千万人から1円ずつもらう方法はないかと考えた結果、最も近かったのが不動産賃貸でした。

仕事への想い

不動産業界を変えたいと思っています。手前味噌ですが、1代でこれだけ不動産を取得できたのは、神様に何かやれと言われてるかなと思います。家賃0円賃貸を構想したきっかけです。人がいることによってすべての問題は解決すると思っています。今後、不動産業界を変えて、まずは姫路を変えていきたいと思います。目玉である家賃0賃貸を成功させ、姫路に多くの人を呼びます。人が増えれば経済が回り、ほとんどの問題が解決するかと思います。最終的には街づくりに着手して、民間からスポーツ選手の養成施設、スケートリンクなども建てて、世界に通用する「姫路」にしたいと考えています。

若者へのメッセージ

あきらめないこととコツコツやることです。意外とすぐあきらめる人、コツコツできない人が多いように思います。どうせ人生進んでいくのであれば昨日より0.01でも前に進む、積み上げる方がいいと私は思います。夢を持ったらコツコツそこに向かって進んでみてください。